家が自動化され楽を得る代償に失われたコミニケーション

家が自動化され楽を得る代償に失われたコミニケーション

家が自動化され楽を得る代償に失われたコミニケーション

皆さんは便利なものはお好きですか?

もちろんこの質問をすればほとんどの人が“はい”と答えるはずです。

人は生活を豊かにするためにたくさんの便利なものを作り出してきました。

私たちの身の回りには、自動化されているものがいくつか目につくかと思います。

その中でも家の中のものに焦点を当てていきましょう。

洗濯機、食洗機…最近ですと掃除を自動でしてくれる家電もありますよね。

科学の進歩とともにより楽な生活を私たちは手に入れたのです。

しかし、本当に便利や楽という事が私たちの求めるものなのでしょうか。

私たちはコミニケーションを取ることを忘れてはいないでしょうか?

人は現在のような便利な物がない時代、助け合いながら生きてきましたが、現代では、たくさんの人と深い関係を持たなくても一人で普通に生活を送ることができます。

今まで顔を合わせ、コミニケーションを取る必要があったものまでもが自動化されているのです。

これからの時代は、さらにコミニケーションの自動化は進んでいきます。

便利になった代わりに失われるもの、それを分かった上で、これからも私たちはより豊かな生活を選択し、生きていかなければならないのです。